そういえば女性看護師って、昔は「看護婦」だったんだっけ

今はすっかり「看護師」って名前が定着しているけどさ。 思えばこの名前もさ…昔は女性だけ違ったんだよね。 今の若い人たちの中には知らない人も多いんじゃないかなあ…とも思うんだけど、看護婦ってのが女性看護師の呼び名だったよね。 いつからだっけ…看護師って統一されたのは…確か少しずつ男女の隔たりがなくなって行った頃だったよね。

だってさ、思えば昔は学校の出席名簿とか全部男女別だったじゃん? 色々なことが区別されてたんだよね…それがどんどんなくなっていったんだっけ。 ランドセルも最近は、色々な色が増えて男の子でも女の子でも気兼ねなく好みにできてそうだからいいなーと思う。

最近は、結構性別で分けられたりするのが苦痛だったりする子も少なくないみたいですからね。身体と精神的な性別が違うってこともあるみたいだから、そういう人にとっては昔よりもやっていきやすくなっているのかなあ?とも思う。

…とまぁ、何か妙に真剣な話をしてしまったけれど。 こうやって思い出すとすごく懐かしいよね。 本当に色々と時代は変わってきたんだよなーとしみじみ思ってしまう。 女性視点から考えても、看護師って統一されているのって、何かいいしね。 こう…男性との溝がなくなった感じ? 看護婦と看護師って使い分けられるとなんかね…複雑な感じするもんね。 これからはもっともっと、そういう隔てがなくなっていけばいいなあと思う次第でございます。はい。

とりあえずそんな感じ。 最近はよくそうやって昔のこととか思い出して難しいこと考えたりしちゃいます(笑) まぁ、難しいって程のことでもないかもしれないけれど。 シリアスな内容って言った方がいいのかな、うん。

さて、明日もまた仕事だなあ…。 最近は結構生活リズムも順調だし、なんだか充実しているって感じが強いです。 変に夜更かしとかしないようにして、このペースを保っていきたいと思う。 看護師なのに体調悪くしてたら元も子もないからね(笑) よし、ではではこれからもがんばるぞ!

名古屋エリアの「夜勤専従」の看護師求人

Copyright (C) 2007-2014 小児科の看護師やってて子供にカンチョーされたことをふと思い出す All Rights Reserved.